ゆず画像ライブのブログで柚子胡椒(こしょう)レシピ

美味しい柚子(ゆず)をライブ画像のブログで紹介。柚子胡椒自慢のゆず胡椒(こしょう)のレシピや食べ方も紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柚子(ゆず)を扱っている店を発見!!

20070127_01.jpg

植木市が開催されています。植木市とだけあって植木もありますが、地元の特産品などを出店しているところがたくさんあります。


20070127_02.jpg

柚子(ゆず)を扱っているお店を発見!!
柚子の里からの出店だそうです。たくさんの人がいて、とても賑わっています。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/27(土) 16:01:39|
  2. 柚子(ゆず)の店を発見
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:130

菜の花のその後の写真と経過 06.06.19

植物 実 菜の花 物寂しい 容貌
この植物なんだかわかりますか?これ実は菜の花の花の咲いた後なんです。菜の花は花が咲き終えるとこのように物寂しい容貌になってしまいます。
写真 小さな 袋 たくさん 中 種 来
この写真から小さな袋がたくさんあるのがわかります。この中にはたくさんの種が入っています。来年はもっとたくさんの花を咲かせてくれるかもしれません。
菜の花 種 菜の花の油 菜種油 菜の花の種 作る
菜の花の種ばっかりしか写っていません!菜の花の油(菜種油)というものを聞いたことはありますが、見たことがありません。やはり菜の花の種から作るのでしょうか?
菜の花 部分 小さい 種 部分 似合う 結構 大きさ イメージ 想像 感じ
菜の花の花の部分はとても小さいですが、種の部分はそれに似合わず結構な大きさがありました。菜の花のイメージからは想像しにくい感じですよね

大学生の学生日記的ブログで旅行も紹介
  1. 2006/06/19(月) 22:53:14|
  2. 菜の花のその後の写真と経過
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

柚子(ゆず)胡椒(こしょう)の胡椒 06.06.19

原料 柚子(ゆず)胡椒のこしょう
胡椒(こしょう)の写真です。苗がたくさん並べられていますがこれから植えられるそうです。柚子(ゆず)胡椒(こしょう)の原料となります。
調味料の胡椒(こしょう)とは唐辛子のことです
胡椒の根元はこんな感じです。根元まで青々としていてとても生き生きしているように感じられ、今年も期待できるかな、と思ってしまいます。
柚子(ゆず)胡椒はこしょうが作られるところから始まります
これはプランターに入っていないほうのコショウの芽です隙間が無いくらいにたくさん生えていました。これからたくさん実がなると考えると相当たくさんなるのでしょうね
胡椒(こしょう)は栽培が難しいかもしれません
胡椒(こしょう)は柚子(ゆず)胡椒に使うこともできます。いいもので作ればいいものができることは間違いないでしょう。

大学生の学生日記的ブログで旅行も紹介
  1. 2006/06/19(月) 22:51:07|
  2. 柚子(ゆず)胡椒(こしょう)の胡椒 06.06.19
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野花がたくさん咲いていた写真 06.06.19

菜の花 隣 変わった 野花 始めて 形 他 茎 花の形 明らか
菜の花の隣にちょっと変わった野花が咲いていました。こんな野花はここで始めて見ました。形が他の野花とは違って花までの茎の長さ、花の形が明らかに変わっています。田舎 発見 花 虫 様々 癒し
田舎ではありますが、田舎では田舎なりの発見があるものです。初めて見る花や初めて見る虫など様々でしょう。発見をすることが癒しに繋がることもあるかと思います。
写真 場所 旧矢部町 柚木 柚の木 ゆのき 名 柚子 ゆず 有名 自然 地域
この写真を撮った場所は旧矢部町の柚木という場所です。柚の木と書いて「ゆのき」と読みます。ここではその名の通り柚子(ゆず)が有名な場所ですが柚子(ゆず)以外にも自然があふれる地域だと思います。

大学生の学生日記的ブログで旅行も紹介
  1. 2006/06/19(月) 22:45:35|
  2. 野花がたくさん咲いていた写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山椒(さんしょう)のレシピ(調理法)を紹介 06.06.19

山椒(さんしょう)の実の美味しい食べ方(レシピ)調理法について紹介
山椒(さんしょう)の美味しい食べ方としては香りを楽しむのでは筍(たけのこ)の味噌和えに添えるというのが美味しいでしょう。筍(たけのこ)と山椒(さんしょう)は同じ時期に食べごろになるので時期的にはぴったりの季節の食べ物といえるでしょう。
山椒(さんしょう)はそのまま食べても十分には香りが楽しめません
山椒(さんしょう)はとても香りがしますが、十分には香りを楽しめないこともあるかと思います。例えば少し保存した時などがそのような場合でしょう。そのような時は手で二、三回たたくと香りが出てきます。この方法はとれたての山椒(さんしょう)でもできますので一度試してみてはいかがでしょうか。
山椒(さんしょう)の実のレシピ(食べ方・調理法)
山椒(さんしょう)の実は葉が食べごろの時期とは違います。この山椒の実の美味しい食べ方としては佃煮があります。食べてみたことのない人は是非食べてみることをお勧めします。
  1. 2006/06/19(月) 22:30:06|
  2. 山椒(さんしょう)のレシピ(調理法)を紹介 06.06.19
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

yuzugozou

Author:yuzugozou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。